造成宅地防災区域とは

2016/04/12(火)


 

どうも、こんにちは!

 

さて、今回のブログも分かりにくい用語を噛み砕き、

 

自分の脳にインプットするためのブログです。

 

興味のない方はスルーでお願いします。

 

 

造成宅地防災区域とは、

 

造成された宅地が、地震や災害等が発生したときに、崖崩れや土砂の流出で

 

危害が発生する恐れがありそうなところを、都道府県知事が指定します。

 

 

その土地の所有者や管理者は、そんな災害の防止のために、

 

擁壁を作ったりなど、必要な措置をしておかなければなりません。

 

 

都道府県知事が、必要と認めた場合、所有者等に

 

「擁壁を設置してね!」と、勧告や改善命令を行う時もあります。

 

宅地建物取引業務において、

 

取引をしようとする土地がこの造成宅地防災区域にある時は、

 

重要事項説明として、買主にしっかり説明する義務があります。

 

 

以上、ここまでが造成宅地防災区域の説明でした。

 

では、また!

 

 

 



■ なずな不動産

 

徳島県徳島市中央通4-13

お問い合わせはこちらまで→TEL : 088-654-9569

 

営業時間 : 午前10:00 〜 20:00 不定休