耐震というのを考え直さなければいけません

2016/04/16(土)


 

一昨日の熊本の震度7が前震といわれ、今日の6強の地震の連発が本震だそうです。

 

今回の地震によって亡くなられた方のほとんどは圧死/窒息死だそうですね。

 

建物の倒壊があったり、家具などが覆いかぶさったりということなのでしょう。

 

 

テレビで見た限りですが、

 

学生アパート?の一階部分が完全に潰れた建物もありました。

 

あまり古い建物っぽくはありませんでしたが、ダメだったようです。

 

 

テレビやネットなどでは、

 

新耐震基準になる前の建物(昭和56年6月より前)はヤバくて危険なのに対し、

 

新耐震基準( 昭和56年6月以降)では安心だという風潮がありました。

 

 

この耐震基準、どういうものかと言いますと、

 

新基準では、"震度が6以上の地震でも倒れない" と、このように変わったようです。

 

 

ですが、やはり絶対に倒れないという訳ではなく、

 

旧耐震基準に比べて、かなり危険度が"低い"という事なのでしょう。

 

 

考え方としては、

 

「1回2回の大地震で崩れる事はないけど、次の地震がくるまでに時間は稼げるのでそのうちに避難しよう!」

 

・・・と、考えたほうが良いかもしれませんね。

 

世の中に絶対というのはないのかもしれません。

 

 

阪神淡路大震災、東日本大震災、新潟中越沖地震、今回の熊本。

 

そしていつか訪れるであろう東海、東南海、南海の大地震。

 

過去の震災から、自分も含めみんなが対策をしっかり学んでいって、

 

一人でも多くの命が救われることを願ってやみません。

 

 

お金がないから耐震補強できない、たしかに大きい事はできないかもしれませんが

 

家具の固定など、小さいことからでも対策していきましょう。

 

 

 

熊本の大地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 

 

 

 



■ なずな不動産

 

徳島県徳島市中央通4-13

お問い合わせはこちらまで→TEL : 088-654-9569

 

営業時間 : 午前10:00 〜 20:00 不定休